譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

譲渡所得の記載

譲渡所得が発生した場合、どのような記載が必要なのでしょうか。
経済活動を主としてその主体が所有・管理する財産の変動を帳簿に記録計算する技法をつかって記載する必要があります。つまり「簿記」のことであり「帳簿記載」の略です。それをきちんと行うことによって経営に関する色んな事が把握できるのです。

譲渡所得は変動が多い資産だと書きましたが、そういうものもちゃんと把握しておかないと後々納税などでも大変な目にあってしまいます。
簿記を理解することによって経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力や基礎的な管理や分析力が身につきます。またコスト感覚も身につきますのでそれらを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために非常に役立ちます。国家資格(公認会計士や税理士等)を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてキャリアアップにもつながりますね。

現在、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しているそうです。自分の携わっている仕事、さらに企業全体の構造も把握できるようなるんですもんね。
譲渡所得に関しても実際のお金の流れなどが把握できるようになりそうですね。

Filed under : 譲渡所得不動産以外
By jouyou
On 2008/5/21 水曜日
At 14:35:26
Comments :
 

Comments are closed.