譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

譲渡所得の計算について

譲渡所得に関することといえば、最近のこの不景気から人事ではなくなって、
皆さんが関心のでてきた分野だと思いませんか??

譲渡所得として得た収入に対して、他の所得と分離して「所得税」と「住民税」が課税されますよね。
でも万が一譲渡所得がマイナスになった場合には課税されることはないそうです。

計算式に表すと、譲渡所得というのは譲渡収入金額ー(取得費+譲渡費用)となるようです。

譲渡収入金額というのは土地や建物の譲渡代金、固定資産税や都市計画税の精算金のことをいうようです。
そして取得費というのは(1)実額法:土地建物の購入代金と取得に必要となった費用を合計した金額から、建物の減価償却費を差し引いた金額と(2)概算法:譲渡収入金額×5%内の大きい金額を使います。そして譲渡費用というのは売るために直接かかった費用のことをいいます。

そして課税譲渡所得というのは譲渡所得ー(特別控除)となるそうです。特別控除とは居住用の3,000万円特別控除の特例のことです。

そして税額の計算方法は課税譲渡所得×税率(所得税・住民税)となるそうです。そして譲渡益に対する税率は他の所得と分離して、分離課税の税率となって、対象となる不動産の用途や所有期間によって税率が異なってくるそう。

それら譲渡所得に関することは非常に難しいところなので、自分に関係のありそうな人はしっかり調べてわかるように身につけておきましょう。

Filed under : 譲渡所得のetc, 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2009/3/16 月曜日
At 9:30:35
Comments :
 

Comments are closed.