譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

譲渡所得・計算式

不動産などを売却した時に生じる所得が『譲渡所得』といいます。

売った金額以上の金額で、事業用の資産を買い換えることができた場合について少し紹介したいと思います。例えば、事業用の建物や土地を売って、事業用の資産の買換えの特例を受けるといった場合、建物や土地を売った金額よりも、建物や土地を買い換えた金額の方が多い場合であっても、売った金額に“課税割合”をかけた額を『収入金額』として、譲渡所得の金額の計算を行うのだそうです。その課税割合というのは、20%だそうです。そしてここではもし売った金額よりも、買い換えた金額の方が多い場合の譲渡所得の計算を紹介します。

収入金額を計算する『収入金額の計算式』、そして必要経費を計算する必要経費の計算式、そして譲渡所得の計算とあるのですが、
収入金額の計算式で計算した収入金額から、必要経費の計算式で計算した『必要経費を控除した残額』が、譲渡所得の金額となるのだそうです。

このように、譲渡所得を計算する計算式というものがあるので、自分でだいたいどのくらいの譲渡所得になるのか見当がつけられるので、これはしっかり覚えておいても損はないでしょうね。譲渡所得に関することだけじゃなく、何でも自分でわかるような知識があることは事業主にとって非常に大事なことなんだと思うので、しっかり所得に関係している税のことやこういった計算式についてしっかりと学ぶ機会を設けるといいでしょうね。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2009/7/21 火曜日
At 9:18:43
Comments :
 

Comments are closed.