譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

譲渡所得と純金積立

譲渡所得に関することといえば“純金積立”ですが、その純金積立による利益が出ているという場合、原則として【確定申告】による所得税納付が必要となります。ご存知ですか?

純金積立の利益がもし譲渡所得に当てはまるというのなら、場合によっては確定申告による納税が必要なんですよ。例えば他の譲渡所得を含めて50万円超の利益があるというケース。この場合は確実に確定申告が必要です。

その譲渡所得というのは、売却した金の所有期間が5年以内なのか、もしくは5年超なのかどうかで課税額が異なるのです。その所有期間が5年以内の場合は【短期譲渡所得】、所有期間が5年超の場合は【長期譲渡所得】となります。

まず長期譲渡所得の場合。
この場合は計算式が【課税所得={売却価格-(購入価格+手数料)-特別控除50万円}×1/2】となります。

購入価格+手数料が100万円、売却価格が200万円だった場合は25万円が課税所得となる計算です。そしてその25万に税率をかけた値が納税額となるのです。

そして短期譲渡所得の場合。
この場合は、【課税所得=売却価格-(購入価格+手数料)-特別控除50万円】の計算になります。購入価格+手数料が100万円、売却価格が200万円だった場合は50万円が課税所得となる計算ですね。そしてその50万円に税率をかけた値が納税額となります。

ただ、純金積立で金を購入していくとなると長期譲渡所得と短期譲渡所得が混在する形になるので、その場合は、売却したタイミングから逆算して5年以内に購入した金を短期譲渡所得、5年超の金を長期譲渡所得で計算し、合算することになるので注意してくださいね。また、こういったことは非常に複雑なので、税務署などにあらかじめ確認しておく事がおすすめです。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2010/2/16 火曜日
At 9:53:23
Comments :
 

Comments are closed.