譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

金銭のやり取りと物や権利でのやりとり

譲渡所得について色々と紹介してきましたが、土地や建物などといった不動産などを売って得た所得に関してこういった呼び方をします。その名前の通り、その不動産に関することを第三者に受け渡すというような意味なんでしょうね。

また、国税庁のホームページによりますと、金銭のやり取りで得た所得以外で、例えば権利だとか物だとかで受け取っている場合も、もちろんそれが収入の扱いとなるのだそうです。

そうなった場合は、その受け取った権利や物などの“時価”が収入金額として扱われることになるようです。金銭でのやり取り以外でも方法はあるということですね。

また、そういった資産などを譲渡することにより、何かしらの経済的な利益を受けているという場合には、その“経済的な利益”に関しても収入金額に含まれることとなるのだそうです。

もし不動産などを売却して得るものが金銭以外なら大丈夫だと思っている人がいれば、それは大間違いです。後々何か問題があってからでは面倒なことになりますから、そういったこともしっかりと頭にいれて、売却することについて考えてみてください。

また、念願のマイホームなど、何か深い思い入れがあるものを、とある事情で手放さなくてはならなくなったという場合には、分にとっても、それを買い取った相手にとっても、後々になってトラブルにならないように、しっかりと納得がいく方法で実行していってくださいね!

不動産を売却するというのは、リサイクルショップなどで洋服やバックなどを売りに行くのとはわけが違うのですから、それなりの知識もいりますし、慎重にやっていかないといけませんね。

Filed under : 譲渡所得のetc
By jouyou
On 2010/5/18 火曜日
At 9:25:46
Comments :
 

Comments are closed.