譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

譲渡するということは

土地や不動産だけに限らず、譲渡するということは大概はお金が入ってくることにつながりますよね。

その際に譲渡所得がかかってしまうものの代表と言えば、やっぱり土地や建物だと思います。事情があってマイホームを手放すことになる人、土地や建物を維持していくのが大変になってきたから譲渡しようなど、それぞれの思いがあって譲渡するのだと思います。

譲渡するということは大金が入ってくるわけですから、(1万や2万じゃないという意味で。)当然その分の税金がかかってしまうのはもう言うまでもないですが、苦労して手に入れたもの、思い入れのあるものを仕方なく手放すのだからと言って、税金が特別に免れることってまずありませんよね。

どんな条件でも、誰にでも、平等に課されてしまうのが税金です。

ですが土地や建物などといった不動産に関しては、長期譲渡所得、短期譲渡所得というものがあり、税金の計算の仕方も少し違ってきます。長期譲渡所得か、短期譲渡所得か、というのはその売った土地や建物の所有している期間で区分されるそうです。

例えば売った年の1月1日の時点で所有期間が5年を超えているというのであれば長期譲渡所得となります。逆に5年以下だった場合、短期譲渡所得となるのです。

譲渡するとなった時に、控除の面なんかでも色々と変化が出てきますから、まずは短期譲渡所得になるのか、長期譲渡所得になるのか調べてみた上で、専門の方に大体の納めることになる税額、控除の件など詳しく聞いてみられたらいいと思います。

Filed under : 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2010/9/14 火曜日
At 9:14:22
Comments :
 

Comments are closed.