譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

譲渡所得・計算編

譲渡所得は不動産のほかにも貴金属・骨董品・ゴルフ会員権などの資産を譲渡した場合に生ずる場合もです。
「短期譲渡所得」「長期譲渡所得」があるのは前に説明しましたね。
実際に計算するときはその所得の2分の1が課税対象になります。
収入金額-必要経費-特別控除(最大50万円・取引先などにより異なります)
このとき土地・建物・株式等につきましては、他の所得と分離して計算します。

ちなみに・・
<山林所得 >
山の伐採や、山林(立木のまま)の譲渡によるものです。
山林所得=収入金額-必要経費-特別控除(最高50万円)

<退職所得>
退職金や一時恩給などです。
退職所得=(収入金額-退職所得控除額)×2分の2
退職所得×税率(市6%・県4%)=税額  税額ー10%=特別徴収税額
上記のものも、譲渡所得による土地などとおなじように分離課税されます。

Filed under : 計算について
By jouyou
On 2008/3/8 土曜日
At 13:54:28
Comments :
 

Comments are closed.