譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

売却して得た収入

土地や建物などを売却して収入を得た場合、それを譲渡所得というのですが、これには給与などと同じく必ず所得税と住民税というものがかかってきます。

これに課税される対象となるのは、売却した際の価格から、その土地や建物などを取得した際にかかった費用と、売却するときにかかった費用、および特別控除額を差し引いた金額となります。こうやって言葉で説明しても大変なので、前にも紹介しましたが計算式にすると

課税譲渡所得金額={譲渡価格-(取得費+譲渡費用)}-特別控除額などとなります。

土地や建物といいましたが、もちろん自分たちのマイホームを手放すことになった際もこれに当てはまります。マイホームの買い替えであり、マイホームを維持できなくなり手放すことになったとしても、とにかくそこから得た収入によって税金を納めなくてはいけないことは確かです。

ちなみに前にも紹介したかと思うのですが、税率に関しても、売却予定の不動産の所有期間によってまた違ってきます。長期にわたって(5年以上)所有していて売却するとなったら税率が低いですし、短期間の所有(5年以下)での売却であれば、税率も高くなります。

そして、マイホームなんかの場合は、所有期間が10年を超えると買い替え特例というものや、先ほど紹介したような税率の軽減などが適用されたりします。

自分にもいつかは関わってくるかもしれないことなので、ある程度はこういったことを覚えていたほうがいいかと思います。せっかく手に入れたマイホームを手放すなんて言うのも嫌ですし、マイホームを2度も3度も買い替えるなんてことは滅多にありませんけどね!

Filed under : 計算について
By jouyou
On 2010/4/21 水曜日
At 9:25:16
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得と純金積立

譲渡所得に関することといえば“純金積立”ですが、その純金積立による利益が出ているという場合、原則として【確定申告】による所得税納付が必要となります。ご存知ですか?

純金積立の利益がもし譲渡所得に当てはまるというのなら、場合によっては確定申告による納税が必要なんですよ。例えば他の譲渡所得を含めて50万円超の利益があるというケース。この場合は確実に確定申告が必要です。

その譲渡所得というのは、売却した金の所有期間が5年以内なのか、もしくは5年超なのかどうかで課税額が異なるのです。その所有期間が5年以内の場合は【短期譲渡所得】、所有期間が5年超の場合は【長期譲渡所得】となります。

まず長期譲渡所得の場合。
この場合は計算式が【課税所得={売却価格-(購入価格+手数料)-特別控除50万円}×1/2】となります。

購入価格+手数料が100万円、売却価格が200万円だった場合は25万円が課税所得となる計算です。そしてその25万に税率をかけた値が納税額となるのです。

そして短期譲渡所得の場合。
この場合は、【課税所得=売却価格-(購入価格+手数料)-特別控除50万円】の計算になります。購入価格+手数料が100万円、売却価格が200万円だった場合は50万円が課税所得となる計算ですね。そしてその50万円に税率をかけた値が納税額となります。

ただ、純金積立で金を購入していくとなると長期譲渡所得と短期譲渡所得が混在する形になるので、その場合は、売却したタイミングから逆算して5年以内に購入した金を短期譲渡所得、5年超の金を長期譲渡所得で計算し、合算することになるので注意してくださいね。また、こういったことは非常に複雑なので、税務署などにあらかじめ確認しておく事がおすすめです。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2010/2/16 火曜日
At 9:53:23
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得と確定申告

本来サラリーマンであれば何かのキッカケがない限り確定申告はしなくても年末に会社で行われる年末調整でことを済ませれますよね。

ただ、ここで言っている譲渡所得がある人に限っては、やっぱり確定申告の問題があります。先ほどキッカケといいましたが、そのキッカケとは、例えば住宅を購入しただとか土地などを売って譲渡所得をえているとか、退職金をもらったとか多額の生命保険金がおりたとか、そういったことなどですね。

いつの間にか12月になってもう10日近くもたっていますが、本当に早いものです。確定申告の時期もきっと年が明けてあっという間にきちゃうんでしょうね。最近の確定申告の作成や提出もe-Taxという便利なものがでてきて簡単に済ませることができるようになり、非常にいいのですが、それでも面倒なことには変わりないですよね。

譲渡所得というのはその建物やその土地によっては結構な額になると思うのですが、そんな譲渡所得の確定申告に備えてしっかりと前もって書類などに目を通しておいた方がいいと思います。何においても準備というのは結果的に助けてくれるものですから、忙しい時期ではありますが、譲渡所得に関する確定申告の準備はしっかりとしておきましょう。

また、譲渡所得の計算式もありますので、予め自分で大体の譲渡所得を計算しておいてもいいかもしれませんね。不動産の売却にともなって生じる譲渡所得については、他の所得とは合算しないで個別に税額を計算する分離課税方式が採用されているんだそうなので、それにしたがって計算してみてください。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2009/12/9 水曜日
At 9:38:58
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得についてのおさらい

譲渡所得とは、不動産などを売却したことによって生じる所得のことをいいます、と前にも説明してきたと思うのですが、そんな譲渡所得に対して他の所得と分離して所得税と住民税が課税されるのはご存知ですか?そして、そんな譲渡所得がマイナスの場合には課税されることはないということなので、ぜひ覚えておきましょう。今回はこれらの譲渡所得について色々とおさらいしていきたいと思います。

まず、譲渡所得の計算の仕方というのは、『譲渡所得=譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)』と言う風になっているのですが、譲渡収入金額とは建物や土地の譲渡代金、そして固定資産税、都市計画税の精算金のことだそうです。そして取得費というのは、 実額法である土地や建物の購入代金と取得に要した費用を合計した金額から、建物の減価償却費を差し引いた金額もしくは概算法である譲渡収入金額×5%のいずれかの内の、大きい金額を使うのだそうです。

譲渡費用とは建物や土地を売る為に、直接かかった費用のことをいうのだそうです。そして他にも『課税譲渡所得=譲渡所得-(特別控除)』という計算式もあるのだそうですが、ここで言う特別控除とは、居住用の3,000万円特別控除の特例などのことなんだそうです。

そして税額計算について紹介しますが、計算式は『税額=課税譲渡所得×税率(所得税・住民税)』となるようです。譲渡益に対する税率というのは他の所得とは分離し、分離課税の税率となるのだそうで、そして対象となる不動産の所有期間や用途によっては税率が異なるんだそうです。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2009/10/26 月曜日
At 11:16:57
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得・計算式

不動産などを売却した時に生じる所得が『譲渡所得』といいます。

売った金額以上の金額で、事業用の資産を買い換えることができた場合について少し紹介したいと思います。例えば、事業用の建物や土地を売って、事業用の資産の買換えの特例を受けるといった場合、建物や土地を売った金額よりも、建物や土地を買い換えた金額の方が多い場合であっても、売った金額に“課税割合”をかけた額を『収入金額』として、譲渡所得の金額の計算を行うのだそうです。その課税割合というのは、20%だそうです。そしてここではもし売った金額よりも、買い換えた金額の方が多い場合の譲渡所得の計算を紹介します。

収入金額を計算する『収入金額の計算式』、そして必要経費を計算する必要経費の計算式、そして譲渡所得の計算とあるのですが、
収入金額の計算式で計算した収入金額から、必要経費の計算式で計算した『必要経費を控除した残額』が、譲渡所得の金額となるのだそうです。

このように、譲渡所得を計算する計算式というものがあるので、自分でだいたいどのくらいの譲渡所得になるのか見当がつけられるので、これはしっかり覚えておいても損はないでしょうね。譲渡所得に関することだけじゃなく、何でも自分でわかるような知識があることは事業主にとって非常に大事なことなんだと思うので、しっかり所得に関係している税のことやこういった計算式についてしっかりと学ぶ機会を設けるといいでしょうね。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2009/7/21 火曜日
At 9:18:43
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得の計算について

譲渡所得に関することといえば、最近のこの不景気から人事ではなくなって、
皆さんが関心のでてきた分野だと思いませんか??

譲渡所得として得た収入に対して、他の所得と分離して「所得税」と「住民税」が課税されますよね。
でも万が一譲渡所得がマイナスになった場合には課税されることはないそうです。

計算式に表すと、譲渡所得というのは譲渡収入金額ー(取得費+譲渡費用)となるようです。

譲渡収入金額というのは土地や建物の譲渡代金、固定資産税や都市計画税の精算金のことをいうようです。
そして取得費というのは(1)実額法:土地建物の購入代金と取得に必要となった費用を合計した金額から、建物の減価償却費を差し引いた金額と(2)概算法:譲渡収入金額×5%内の大きい金額を使います。そして譲渡費用というのは売るために直接かかった費用のことをいいます。

そして課税譲渡所得というのは譲渡所得ー(特別控除)となるそうです。特別控除とは居住用の3,000万円特別控除の特例のことです。

そして税額の計算方法は課税譲渡所得×税率(所得税・住民税)となるそうです。そして譲渡益に対する税率は他の所得と分離して、分離課税の税率となって、対象となる不動産の用途や所有期間によって税率が異なってくるそう。

それら譲渡所得に関することは非常に難しいところなので、自分に関係のありそうな人はしっかり調べてわかるように身につけておきましょう。

Filed under : 譲渡所得のetc, 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2009/3/16 月曜日
At 9:30:35
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得の取得費について

譲渡所得の取得費というのは譲渡する資産の取得に必要とした費用のことをいうようなのですが、その譲渡所得の取得費の内容というのはご存知ですか?

譲渡所得を計算する際に譲渡所得の総収入の金額から、「取得費」と「譲渡費用」を控除して計算するようです。ですがその取得費には、譲渡した資産の購入代金や、建築代金、それらの購入手数料、登記費用、もちろん設備費や改良費なども含まれるんだそうです。譲渡所得の建物の取得費というのは、購入代金もしくは建築代金の合計額から「減価償却費相当額を差し引いた額」となるみたいです。

でももしその取得時期が古いため、取得費がわからないという場合にはどうすればいいのでしょう?その場合には取得費の額を、譲渡金額の5%相当額とすることができるんだそう。また、昭和28年の元旦以降取得資産であっても、実際の取得費によらず同様に、譲渡金額の5%相当額とすることも認められているそうです。古くて譲渡取得した時期がわからなくてもちゃんとそういった制度があるんですね。でもこれは昭和27年の大みそか以前の取得資産の場合なら・・・ということなのでご注意を。

譲渡所得に関することは一見難しいことに思えますが(いや、実際は少し難しいことですが)、譲渡所得に関する記事や本などを繰り返し読んでいくと、結構仕組みがわかってくるものです。・・・と言っても私もまだまだ勉強中なんですけどね!所得に関する問題は最近も色々な問題になっていますが、いろいろな所得についての知識をつけて、しっかり対応していきたいですよね。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2009/2/17 火曜日
At 9:46:45
Comments :Comments Off
 
 

税金の計算は思わぬ頃に・・・

譲渡所得に関して、それにまつわる税の計算のお話をいろいろしてきたわけですが、やはり何事もきちんと結果を出すと言うのは難しいことが多い。ましてや複雑な式を使っての算出って、学校の授業でも既に何度も経験済み。

税金に関してはきちんと算出しなければ、後々大変なことに。思わぬペナルティ(出費)などに対面してしまうこともありうるから。計算を間違ってごめんなさいって謝って済む問題でもありませんし。しっかり税務署さんのチェックが入りますからね。仕事でのミスは上司がチェックしてフォローするのが当たり前ですが(当たり前じゃないこともあるかもしれないけど)、納税に関しては自己申告が前提の日本の制度では最後まで自分で処理していかなければいけません。とは言ったものの、漠然と「譲渡所得の計算」と素人が取り掛かろうとしても、何をどこから手をつけていいものやら。

やはり専門科の手を借りなければ正確に進めていくことは難しそう。的確なアドバイスで間違いのない申告・納税を実行したいものですね。譲渡所得なんて自分には関係ないと思っていても、そういう事態こそいつ降りかかってくるか分からないもの。「天災は忘れた頃に・・・」(天災とは意味合いは違いますが)自分が思ってもみないことこそ不意に訪れるもの。そんな経験はありませんか?たとえば病気や仕事上の問題など。思わず言葉を失ってしまうようなことほど何の前触れもなくやってくるものです。譲渡所得もそういったものの一つかもしれませんよ。

Filed under : 計算について
By jouyou
On 2008/10/20 月曜日
At 9:26:12
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得・計算編

譲渡所得は不動産のほかにも貴金属・骨董品・ゴルフ会員権などの資産を譲渡した場合に生ずる場合もです。
「短期譲渡所得」「長期譲渡所得」があるのは前に説明しましたね。
実際に計算するときはその所得の2分の1が課税対象になります。
収入金額-必要経費-特別控除(最大50万円・取引先などにより異なります)
このとき土地・建物・株式等につきましては、他の所得と分離して計算します。

ちなみに・・
<山林所得 >
山の伐採や、山林(立木のまま)の譲渡によるものです。
山林所得=収入金額-必要経費-特別控除(最高50万円)

<退職所得>
退職金や一時恩給などです。
退職所得=(収入金額-退職所得控除額)×2分の2
退職所得×税率(市6%・県4%)=税額  税額ー10%=特別徴収税額
上記のものも、譲渡所得による土地などとおなじように分離課税されます。

Filed under : 計算について
By jouyou
On 2008/3/8 土曜日
At 13:54:28
Comments :Comments Off